FC2ブログ

もりのわ通信

0

七草藺について

先日広島から大分へ訪問してくれた友人を連れて
国東の七草イ学舎へ行ってきました。
ここで七草藺でつくられた様々なものを見せてもらいました。

七草藺のことは大分に帰ってきてから Oita Made という冊子を読んで知りました。
そして、大分の建築家の方からもう少し具体的に七草藺のことについて聞く機会があり、もう少し詳しく知りたいということで訪問した次第です。

ちなみに七草藺とは
国東半島で350年前より生産されている琉球畳の原材料。
イグサではなくカヤツリグザで織り上げたものを琉球表というそうです。
ヘリの部分がない畳を琉球畳というわけではありません。(私も勘違いしておりました。)
この七草藺はイグサに比べて強靭性に富んでおりイグサの5~6倍強く、耐久性があります。
七草藺表は20年以上は使うことが出来るとのことです。
ただこの七草藺は作業の機械化が出来ずに育てるのに手間がかるとのこと。
いいものをつくろうとすると手間がかかりますね。
(説明文 パンフレット引用)

まずは円座
綺麗な丸いかたちで香りもいいです。
下の敷物も七草藺で編まれたものです。
20160406丸座

次に椅子
座り心地もよく、美しいかたちで品のある椅子です。
ただこれを造るのに、縄をつくるだけでもとーーっても手間暇がかかるみたいで
プライスレスな椅子のようだ。
この椅子ならある程度の値段なら欲しいという方はいらっしゃるであろうが。。
20160406chair.jpg

本日ここの施設を案内して頂いた七草藺作家の岩切千佳さん
手際よく草履を編んでいってます。
帽子やかばんなどなど他にも魅力的な作品がたくさんありました。
20160406making.jpg

大分に住んでいる人ですら知らない人が多いので、
こうやって七草藺をいろんなかたちで表現し、伝えて行く方の存在は貴重ですね。

七草藺の田植え等栽培にも参加できるとのことなので
今度は七草藺の田植えについてお伝えすることが出来ればと思っております。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する